剃る脱毛方法といえば、カミソリの他にシェーバーがあります。
電気シェーバーは、男性用ばかりではなく、女性用のものもあります。
毛を剃ることを機械で行うシェーバーは、カミソリ脱毛よりも肌に優しいです。
ただ肌に当てるだけで、刃を剃りますから、安心して脱毛をすることができます。
ただし、肌に負担はゼロか?と言うとそうではありません、
どうしても面として肌に触れることになりますから、何らかの影響はあります。
現在はシェーバーと言っても、毛を切るだけではなく、抜く、焼く、レーザータイプのものがあります。
いずれも脱毛効果がありますが、カミソリと同じなのは切るタイプのものです。
抜くというのは、毛抜の要領になりますし、焼く・レーザータイプは脱毛器の部類に入ります。
いずれも、肌に当てるだけのもので、カミソリや毛抜のように自分で行うのではなく、機械が脱毛をしてくれる事になります。
脱毛器とは、中身が違います。
そして、いずれも定期的な脱毛の必要があります。
このシェーバーに関しては、一つ持っておくと何かと便利です。
携帯用のコンパクトなものもありますから、急なお出かけの時の脱毛にも使用ができます。
カミソリのように間違って肌に傷をつけることなく、その場だけの脱毛が可能になりますから、ひとつあると良いでしょう。
エステなどで脱毛をするときには、自宅である程度脱毛してくるように言われますが、そのときもシェーバーを勧められることが多いと言われています。

シェーバーのタイプと種類について

シェーバーは、ほぼ全身で使用できるものが多いです。
タイプとして、切る・抜く・焼く・レーザーがありますが、この順番で値段が高くなっていきます。
そして、脱毛の精度も上がっていきます。
単に、毛を無くしたい方は切る・抜く・焼くタイプのものになります。
表面に出ているムダ毛だけを脱毛したい方にとっては、当てるだけで表面がツルツルになっていくことになります。
そして、ある程度時間が経つと同じように発毛してきます。
今までカミソリ脱毛をしてきた方にとっては、画期的なものになります。
どのタイプが良い?と言うのは、それぞれの毛の濃さなどか関係しますが、予算や痛さ等を考えて選んでみてください。
痛さ?といえば、抜くタイプと焼くタイプについては、痛みを感じる方が多いようです。
毛抜での脱毛はとても痛い方法ですが、これは機械で行っても同じことです。
よくカミソリは肌を削るけれど、毛抜は肌を傷めないと思っている方もいらっしゃいますが、痛みは大きいでしょう。
毛を引っ張ることで、肌を傷めていないわけではなく、やはり肌に負担をかけます。
機械でも毛を引張りますから同じことです。
また、焼くタイプに関しては、熱線が毛を焼ききっていくことになります。
熱ですから、熱さを感じることになり、痛みとなって肌に負担があります。
ということで、このようなことを考えて、シェーバーを選ぶ必要があります。
どのタイプ、どこの部位を特に脱毛したいかなどでも、シェーバーのタイプが決まってくることになります。