海外で当たり前のアンダーヘアの脱毛ですが、最近では専用シェーバーも登場しています。
人のものを見る機会がめったにない部分ですが、アンダーヘアの脱毛をしているというだけで、かなりオシャレ度は高いとされています。
水着、超ミニスカート等を愉しみたい方にとっては、この部分の脱毛は必須ですし、外国人のパートナーの方も多分脱毛をしないことで不思議がられているかもしれません。
水着に関しては、ファッションと言うよりは、はみ出し毛の存在は絶対にダメですから、必然的にアンダーヘアも脱毛対象になってしまいます。
そこで、アンダーヘアの脱毛に関しては、専用のものを使用することをお勧めします。
そして、メインにしないことです。
というのも、肌に押し付けて行うと言うよりは、長い毛を切りそろえるといった感覚で行うと良いとされています。
おすすめの方法としては、シェーバーで長い毛を切りそろえて、それ以上の脱毛に関しては、クリームやブラジリアンワックスの方法をすることです。
アンダーヘアの脱毛をカミソリで行った経験がある方も多いですが、生え始めた時に剛毛で尖った毛が生えてきます。
シェーバーの中でも、毛先を丸める事ができるような物を使用することで、チクチクの剛毛が生えてくることはないとされています。
少し切り揃えるだけでもキレイですから、それで少しずつケアをしていくというのも良いかもしれません。
いきなり全く毛が無い状態では、ちょっとまずいかもしれないという方には、シェーバーだけの脱毛で十分でしょう。

脱毛トラブルエステと自宅

肌を傷める脱毛で、傷がつくだけではなく、肌が変色してしまうことがあります。
これは色素沈着を起こしていることです。
カミソリなどの刺激、シェーバーなどでも起こってしまいます。
色素沈着などのトラブルが比較的少ない脱毛サロンなどの脱毛は、刺激が全くないということではありません。
痛いとか赤くなったという口コミも多いことから、刺激はあります。
しかし、自宅で行うものとは全く違います。
まずは脱毛前のスキンケアです。
いきなりの脱毛ではなく、きちんと肌のことを考えたケアを入念に行います。
少し宣伝を兼ねた自社のローション等を使用することもありますが、これも肌のことを第一に考えた物を使用することで、脱毛準備が完了します。
そして、脱毛後のアフターケアも特別です。
自宅ではできない贅沢なケアで締めくくります。
脱毛をしたあとは乾燥してしまうこともあり、保湿効果のあるケアで、肌はすべすべになります。
そして、次の脱毛まで数ヶ月おくことがほとんどです。
自宅で行う以上にキレイなもので、剃り残しなどもなく、数ヶ月何もしない状態です。
ですから、色素沈着を起こすようなこともありませんし、日数をあけることで、肌負担も減ります。
高いお金を払うのですから当然ですが、なんといってもプロのエステシャンによる肌ケアもありますから、トラブルは少ないでしょう。
自宅で行ってできてしまい色素沈着に関しては、あまりにもひどいときには、自宅脱毛は禁止しなくてはならないことも多いとされています。注意しましょう。
色素沈着したまま脱毛すると、痛みも普段より強くなってしまいますからね…。
VIOの痛みが気になる方はこちら