顔脱毛をする効果とシミとは微妙な関係にあります。
2つの極論があります。
・脱毛をするとシミがなくなる
・脱毛をするとシミができる
です。

このことは、レーザーに関してのことですが、美容皮膚科などでは、レーザーを使ってニキビ、しみやそばかすを治します。
皮膚科などで色素性疾患治療にレーザーは活躍しています。
ということは、脱毛のためのレーザーを肌に当てることで、シミに何らかの良い影響が与えられるといえます。
本来毛穴に対しての施術ですが、当然肌にもあたります。

ただ、アレキサンドライトなどの光は黒いものに反応することから、極端に光を受けやすいものについては、アザやホクロ、シミを避けることもありますが、影響がないとされるモノについては、そのまま施術を行った結果、シミが消えることもあります。
ただし、これは脱毛の副産物とも言えることで、かならずシミに効果があるものではありません。

反対に、シミができてしまうのは、レーザーにかぎらず、エステや脱毛サロンでもトラブルとして挙げられることです。
これは施術そのものが肌に大きな負担をかけている可能性から、アフターケアを十分にしていないことが原因なことが多いです。
脱毛後は日焼けをしないのは鉄則で、すごい乾燥に悩まされる場合もあります。

赤みが出たり、化粧品が一時的に合わないこともありますが、きちんアフターケアをしないばかりに、脱毛施術がきっかけとなり、シミを作ってしまうこともあります。
エステなどによっては、フォトフェイシャルなどを行い、徹底したスキンケアを行う場合もあります。
顔脱毛施術後、シミを作らない方法としては、アフターケアの説明をきちんと受ける、心配なら皮膚科や美容外科で受診することも必要です。

また、医師やエステシャンの腕にも関係しています。
評判の良いエステやクリニックを選択するのも、顔脱毛後キレイな肌になる秘訣だと言われています。

医療レーザーは強力だから、肌にシミが作りやすいというトピなどもありますが、それは違います。
あくまでも細心の注意を払い、きちんとアフターケアを指導し、それを守ることで、施術後もシミを作らずにいることができます。
シミがなくなることに関しては、あまりあてにはならないことですが、もしかしたらなくなる可能性がある程度と思ってください。

仮にシミがなくならなかったとしても、産毛脱毛後などは、肌のトーンが一段上がり、くすみのない澄んだ肌になります。
こちらは、“もしかしたら”“脱毛の副産物”ではなく、真実のことです。