朝しっかりメイクしても、お昼には化粧崩れでメイクを直さなければいけないと感じる女性は多くいます。メイクは時間がたつと崩れるものだから、化粧崩れは当たり前だと考えている人もいるでしょう。しかし、メイクは崩れるのが当たり前ではありません。きちんと化粧下地からメイクしていても、すぐに崩れてしまうのは、お肌以外に原因があることがあります。
その原因は、顔の産毛です。女性は男性のようなヒゲがないためにあまり顔の毛について考えることがありません。しかし、いくらきれいな肌でも、表面に産毛が生えていたら、表面に凹凸があることになります。せっかくメイクをしても、凹凸の上にのせている状態なので、化粧が崩れてしまうのは当たり前と言っていいかもしれません。
産毛だから、カミソリで剃ればいいと安易に考えてしまう人もいますが、剃ることはお肌におおきな負担を与えてしまいます。そこで、顔脱毛という方法があることを覚えておきましょう。顔脱毛はその名の通り、顔の毛を脱毛することで、今までワキや腕といった体ばかりの施術がメインになっていましたが、最近行う人が増えています。顔脱毛をすることで、顔の表面に生えている毛がなくなり、メイクのノリが良くなります。また、日本人の毛は産毛であっても黒いので、毛がなくなることで顔色が明るくなると言うメリットもあります。化粧崩れと顔脱毛には密接な関係があり、脱毛することで崩れるのを防ぐことができます。