朝しっかりメイクしても、お昼には化粧崩れでメイクを直さなければいけないと感じる女性は多くいます。メイクは時間がたつと崩れるものだから、化粧崩れは当たり前だと考えている人もいるでしょう。しかし、メイクは崩れるのが当たり前ではありません。きちんと化粧下地からメイクしていても、すぐに崩れてしまうのは、お肌以外に原因があることがあります。
その原因は、顔の産毛です。女性は男性のようなヒゲがないためにあまり顔の毛について考えることがありません。しかし、いくらきれいな肌でも、表面に産毛が生えていたら、表面に凹凸があることになります。せっかくメイクをしても、凹凸の上にのせている状態なので、化粧が崩れてしまうのは当たり前と言っていいかもしれません。
産毛だから、カミソリで剃ればいいと安易に考えてしまう人もいますが、剃ることはお肌におおきな負担を与えてしまいます。そこで、顔脱毛という方法があることを覚えておきましょう。顔脱毛はその名の通り、顔の毛を脱毛することで、今までワキや腕といった体ばかりの施術がメインになっていましたが、最近行う人が増えています。顔脱毛をすることで、顔の表面に生えている毛がなくなり、メイクのノリが良くなります。また、日本人の毛は産毛であっても黒いので、毛がなくなることで顔色が明るくなると言うメリットもあります。化粧崩れと顔脱毛には密接な関係があり、脱毛することで崩れるのを防ぐことができます。

海外で当たり前のアンダーヘアの脱毛ですが、最近では専用シェーバーも登場しています。
人のものを見る機会がめったにない部分ですが、アンダーヘアの脱毛をしているというだけで、かなりオシャレ度は高いとされています。
水着、超ミニスカート等を愉しみたい方にとっては、この部分の脱毛は必須ですし、外国人のパートナーの方も多分脱毛をしないことで不思議がられているかもしれません。
水着に関しては、ファッションと言うよりは、はみ出し毛の存在は絶対にダメですから、必然的にアンダーヘアも脱毛対象になってしまいます。
そこで、アンダーヘアの脱毛に関しては、専用のものを使用することをお勧めします。
そして、メインにしないことです。
というのも、肌に押し付けて行うと言うよりは、長い毛を切りそろえるといった感覚で行うと良いとされています。
おすすめの方法としては、シェーバーで長い毛を切りそろえて、それ以上の脱毛に関しては、クリームやブラジリアンワックスの方法をすることです。
アンダーヘアの脱毛をカミソリで行った経験がある方も多いですが、生え始めた時に剛毛で尖った毛が生えてきます。
シェーバーの中でも、毛先を丸める事ができるような物を使用することで、チクチクの剛毛が生えてくることはないとされています。
少し切り揃えるだけでもキレイですから、それで少しずつケアをしていくというのも良いかもしれません。
いきなり全く毛が無い状態では、ちょっとまずいかもしれないという方には、シェーバーだけの脱毛で十分でしょう。

脱毛トラブルエステと自宅

肌を傷める脱毛で、傷がつくだけではなく、肌が変色してしまうことがあります。
これは色素沈着を起こしていることです。
カミソリなどの刺激、シェーバーなどでも起こってしまいます。
色素沈着などのトラブルが比較的少ない脱毛サロンなどの脱毛は、刺激が全くないということではありません。
痛いとか赤くなったという口コミも多いことから、刺激はあります。
しかし、自宅で行うものとは全く違います。
まずは脱毛前のスキンケアです。
いきなりの脱毛ではなく、きちんと肌のことを考えたケアを入念に行います。
少し宣伝を兼ねた自社のローション等を使用することもありますが、これも肌のことを第一に考えた物を使用することで、脱毛準備が完了します。
そして、脱毛後のアフターケアも特別です。
自宅ではできない贅沢なケアで締めくくります。
脱毛をしたあとは乾燥してしまうこともあり、保湿効果のあるケアで、肌はすべすべになります。
そして、次の脱毛まで数ヶ月おくことがほとんどです。
自宅で行う以上にキレイなもので、剃り残しなどもなく、数ヶ月何もしない状態です。
ですから、色素沈着を起こすようなこともありませんし、日数をあけることで、肌負担も減ります。
高いお金を払うのですから当然ですが、なんといってもプロのエステシャンによる肌ケアもありますから、トラブルは少ないでしょう。
自宅で行ってできてしまい色素沈着に関しては、あまりにもひどいときには、自宅脱毛は禁止しなくてはならないことも多いとされています。注意しましょう。
色素沈着したまま脱毛すると、痛みも普段より強くなってしまいますからね…。
VIOの痛みが気になる方はこちら

剃る脱毛方法といえば、カミソリの他にシェーバーがあります。
電気シェーバーは、男性用ばかりではなく、女性用のものもあります。
毛を剃ることを機械で行うシェーバーは、カミソリ脱毛よりも肌に優しいです。
ただ肌に当てるだけで、刃を剃りますから、安心して脱毛をすることができます。
ただし、肌に負担はゼロか?と言うとそうではありません、
どうしても面として肌に触れることになりますから、何らかの影響はあります。
現在はシェーバーと言っても、毛を切るだけではなく、抜く、焼く、レーザータイプのものがあります。
いずれも脱毛効果がありますが、カミソリと同じなのは切るタイプのものです。
抜くというのは、毛抜の要領になりますし、焼く・レーザータイプは脱毛器の部類に入ります。
いずれも、肌に当てるだけのもので、カミソリや毛抜のように自分で行うのではなく、機械が脱毛をしてくれる事になります。
脱毛器とは、中身が違います。
そして、いずれも定期的な脱毛の必要があります。
このシェーバーに関しては、一つ持っておくと何かと便利です。
携帯用のコンパクトなものもありますから、急なお出かけの時の脱毛にも使用ができます。
カミソリのように間違って肌に傷をつけることなく、その場だけの脱毛が可能になりますから、ひとつあると良いでしょう。
エステなどで脱毛をするときには、自宅である程度脱毛してくるように言われますが、そのときもシェーバーを勧められることが多いと言われています。

シェーバーのタイプと種類について

シェーバーは、ほぼ全身で使用できるものが多いです。
タイプとして、切る・抜く・焼く・レーザーがありますが、この順番で値段が高くなっていきます。
そして、脱毛の精度も上がっていきます。
単に、毛を無くしたい方は切る・抜く・焼くタイプのものになります。
表面に出ているムダ毛だけを脱毛したい方にとっては、当てるだけで表面がツルツルになっていくことになります。
そして、ある程度時間が経つと同じように発毛してきます。
今までカミソリ脱毛をしてきた方にとっては、画期的なものになります。
どのタイプが良い?と言うのは、それぞれの毛の濃さなどか関係しますが、予算や痛さ等を考えて選んでみてください。
痛さ?といえば、抜くタイプと焼くタイプについては、痛みを感じる方が多いようです。
毛抜での脱毛はとても痛い方法ですが、これは機械で行っても同じことです。
よくカミソリは肌を削るけれど、毛抜は肌を傷めないと思っている方もいらっしゃいますが、痛みは大きいでしょう。
毛を引っ張ることで、肌を傷めていないわけではなく、やはり肌に負担をかけます。
機械でも毛を引張りますから同じことです。
また、焼くタイプに関しては、熱線が毛を焼ききっていくことになります。
熱ですから、熱さを感じることになり、痛みとなって肌に負担があります。
ということで、このようなことを考えて、シェーバーを選ぶ必要があります。
どのタイプ、どこの部位を特に脱毛したいかなどでも、シェーバーのタイプが決まってくることになります。

カミソリ脱毛と言えば、理容院などで受けたことはあるでしょう?
女性は、美容院に行くことはあっても、理容院に行くことはない方が多いでしょう。
ここで、受けられるお顔剃り。
これは一度受けてみると良いかもしれません。
また、ブライダルエステの一つである、デコルテやうなじのシェービングなども、カミソリを使用することがあります。
これも自宅で行うカミソリ脱毛とは異質です。
なんといっても、その後の肌が違います。
ということは、カミソリ脱毛もきちんと行えばOK?ということになります。
このようなプロが行うカミソリ脱毛に関しては、使用するカミソリからして違います。
肌のことを第一に考えた方法で、脱毛の前後のケアも徹底しています。
というのも、毛を剃る行為も美容の一環として捉えることで、肌にマイナスにならないよう、細心の注意を払って、プロの技術を使って行うことになります。
家庭での素人のカミソリ脱毛とはわけが違うということになります。
ですから、カミソリ脱毛も捨てたもんじゃないと思うところですが、では、プロと同じことが、家庭で自分でできるか?というと、それはムリと言う結論になってしまいます。
きちんとした方が行うカミソリ脱毛は、肌に悪いことではなく○であるということです。
ただし、定期的に行う必要があるということ、その後の発毛の仕方に変化があるということはないとされています。
毎回理容院でのカミソリ脱毛ができるという方はお勧めですが、顔だけになってしまいます。

脱毛1

カミソリ脱毛に必要なことカミソリの存在

プロによるカミソリ脱毛では、薄く肌表面も削ることになります。
これが古い角質を取る役目もしています。
ですから、脱毛後はツルツルの肌になります。
もちろんそれだけではなく、アフターケアをしっかりと行うからということもあります。
自宅で、そっとカミソリ脱毛をすると、大丈夫?というと、残念ながら、この力加減はなかなか習得できずに、削ってはいけない肌も削ってしまうことが多いとされています。
ですから、家庭でのカミソリ脱毛に関しては、否定的な意見があることになります。
肌に優しいカミソリ、ガードが付いているものも存在します。
これですと、多分削ってしまうことはないと思われますが、よく見ると毛がキレイに剃れていないことになります。
剃り残しです。
それをまともに剃ろうとすると、やはり肌を傷めることになります。
結局は、カミソリ脱毛に関しては、肌に多大な負担をかけることがどうしても起きてしまうことでしないほうが良いという結論に達すると思ってください。
肌に優しいカミソリを使用するのは当然のことですが、そのあとの肌の状態を確認して、肌には良いけれど、剃り残しが気になるという場合は、別のものを使用するほうが良いとされています。
人によっては、カミソリ脱毛そのものが不向きのこともあります。
肌に良い、きっちり剃れる、それを叶う事ができるカミソリがベストですが、剃り方の工夫も必要です。
一応のルールを守って、肌を傷めず脱毛をすることが大切です。

多くの女性が脱毛を経験しています。
ご家庭で、エステで、皮膚科でお好きな方法で行っています。
これは一種の義務というべきもので、少しでも生えてくるとやらなくてはならないと思ってしまう方も多いです。
毛の生え方は人によって相違があり、速い方はすぐにボーボーになってしまいます。
もちろん脱毛方法にもよりますが、カミソリなどはすぐに剛毛になってしまうので、ついついすぐに行ってしまう方も少なくありません。
脱毛仕立ての肌はツルツルで、気持ちの良いものです。
世間では、というか日本では、脱毛をするのは当たり前と思っている方も多いです。
実際、ワキ毛がボーボーとしている女性を見た時に、あらおかしいと思うのです。
これが男性なら、そんなことはありませんが、自分でワキ毛が生えているのを見つけたときには、必ず脱毛をする方がほとんどです。
ホームページなどでは、良い脱毛、悪い脱毛などの関連記事がありますが、とりあえず参考にしてみることをお勧めします。
多分一番多いとされる脱毛方法のカミソリは悪い脱毛の部類に入っていることでしょう。
それでも人はカミソリを使用するとされています。
これは、なんといっても手軽さがあるからです。
そして、見た目は気にしないと言うよりは、そこは人に見せる部分ではないですから平気、という意識からです。
100円程度で売られているカミソリで、すぐに毛がなくなてしまう脱毛方法は、何よりも簡単ということで、どうしてもやめられない方が多いでしょう。

カミソリ脱毛をやめない理由について

カミソリ脱毛は、ほんとうに簡単です。
大きいものから小さなものまで駆使することで、ほぼ全身の脱毛が可能です。
石鹸やシェービングクリームを肌に塗って、カミソリでなぞるだけで、あとはシャワーで流すと、脱毛が完成しています。
これは肌に悪いと思っていながらも、長年行ってきたという方も少なく無いですし、これからも脱毛はカミソリという方も多いことでしょう。
特にワキ毛などについては、本当に適当。
人に見せない部分ですし、多少残っても良いのです。
肌が、ものすごいことになっていたとしても、自分でもめったにみない部分ですから、気にしない方も多いです。
この手軽さは群を抜いていて、リーズナブルな脱毛方法として、年代を超えて行っていることでしょう。
脱毛は自分で行うもので、お金をかけるものではない。
エステなどに行く方は、おしゃれな方、自慢をしたい方だから、というのも理由の一つです。
確かに、エステ未経験の方にとっては、未知の世界です。
お金を支払ってまで自分のワキ毛をキレイにしてもらうことはないと思うことでしょう。
ここまで徹底した考えの方にとっては、カミソリ脱毛のデメリットを言ったとしても辞めることはできないことでしょう。
しかし、肌には良くないとされている行為であることだけは知っておいたほうが良いでしょう。
そして、高齢になってくると、脱毛そのものをしない方も増えてきます。
そのときに、どうしてこんなに肌が汚い?
カミソリ脱毛のせいということが分かったとしてももう遅いです。